婚約指輪の見つけ方|結婚を意識しているならココ

結婚の約束をした証の指輪

赤い糸

素材もデザインも豊富

婚約指輪とは、結婚の約束をした証として男性から贈られる指輪です。一般的にはプロポーズから結婚するまでの婚約期間に指にはめておくものですが、最近では結婚した後も婚約指輪と結婚指輪の両方をつける人も増えていて、宝石店でも重ね付けを前提として婚約指輪と結婚指輪をセットにした商品も増えてきています。指輪の素材には、プラチナやゴールド、シルバー、チタンなどさまざまなものがありますが、婚約指輪や結婚指輪に使われる素材として多いのはプラチナやゴールドです。どちらも硬度が高いので傷つきにくく、変色もしにくいので婚約や結婚指輪向きとされています。指輪の価格は使われる素材によって左右される面があり、プラチナは他の素材に比べて高めの傾向があります。最近ではプラチナに似た輝きを持っているバラジウムの指輪なども注目されてきてます。婚約指輪と結婚指輪の違いはデザインです。結婚指輪はずっとつけているものなので日常生活に支障がでないよう、あまり装飾がないシンプルなデザインが多いのに対し、婚約指輪はダイヤモンドなどの宝石で装飾されているデザインが多くあります。人気が高いのは「永遠の絆」を意味するダイヤモンドがついた指輪ですが、自分の誕生石や好きな宝石を選ぶ人も多くいます。デザインのテイストもゴージャスなものからシンプルなものまでいろいろあるので、自分の好みで選んでみるといいでしょう。指輪のはめごこちや肌の色とあっているかどうかなどは、実際にはめてみないとわからない部分が大きいので、実際にお店にいって試してみることが大切です。